カテゴリ:てしごと( 42 )

d0098526_0463833.jpg


絹糸を染めてみました。
微妙な色がでて満足。
左の薄いアンティークな雰囲気のものは、ヤシャブシ。
右の薄いグレーは鉄のみ。
他の素材に比べたら断然シルクは発色がよく染まりやすくて面白いです。
つづれ織りのベース用。糸だけ見るとジミ〜。



今年はたいへんな災害が起こりました。
被災された方はどんな気持ちで新しい年を迎えようとしていられるのでしょうか。
来年はみんなが前を向いて前進できるような明るい年になるよう心から願っています。
がんばろう!

2011年、さまざまな出会いがありました。
言いつくせないほどの感謝と、そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を!
[PR]
by citemaho | 2011-12-31 00:50 | てしごと

Bag

d0098526_1902913.jpg



お客様が送ってくださった画像です。
海のバッグを素敵にスタイリングしてくださいました。
ウレシ〜。ありがとうございます。
おしゃれなお家、手前のバスケットがとても気になります。
[PR]
by citemaho | 2011-11-17 19:04 | てしごと

仏蘭西な、秋冬もの2

d0098526_1737686.jpg



そろそろ黒が似合う年頃になってきたような・・・
ポンチョコートはリバーシブルウールを使用。でも裏地がついています。縫い目利用のポケットとフードにリバティのカペルを使って。
ボタンはフランスで買ったとっておき。繊細でとても美しいです。
ネックから肩のラインをカーブさせて添わせるように、フードで若々しく。
ラフすぎず、キレイめなシルエットで。


前端からフードをぐるっと星止めしました。
紳士服よく見かけますが
ちょっとクシュっとなって、あのニュアンスが好きです。
[PR]
by citemaho | 2011-10-18 17:40 | てしごと

秋冬もの揃いました

d0098526_16214876.jpg




「仏蘭西風に vol.2」に向けて頑張って作品を作っていたら、あっという間に時がたってしまいました。
今日、友だちにブログ更新しないから体調が悪いのかと思ったと電話で心配してもらい
ありがたく、元気の知らせブログを書かなくっちゃと思いました。

10月23日から始まる仏蘭西風にの作品ができました。
作品はかごバック、カシミヤの手織りストール、裏地がついた暖かいポンチョコート
家でそして車で移動の多い方へウールのワンピースとコートの中間のようなはおりを。
このはおりは何スリーブっていうジャンルになるのかわかりませんが、ばさっと着れてお家で洗える便利なものです。
今回はミンクファーやカシミヤ、そしてフランスやイギリスで購入したベルベットリボンやボタン、布、アンティークレースなどを思い切って使ってみました。
旅の記憶をたどりながら仏蘭西風に・・・。




d0098526_1775131.jpg

d0098526_17114269.jpg

カシミヤの手織りシリーズ、縮絨していますのでとろけるような肌触りです。
(キャメル色のチェックは縮絨控えめ)
肌触りでカシミヤの右に出るものはあるでしょうか?
冬の首まわりに・・・。

More
[PR]
by citemaho | 2011-10-17 16:34 | てしごと

はっぱ*

d0098526_13353357.jpg


ボーッとしてたらあっという間に9月・・・。
籐で葉を作ってみました。
とても簡単にできます。
アレンジしたらお花もできるし、ハートやリボン、複雑な形は無理ですが結構なんでもできます。
何かと組み合わせて、作品にしたらおもしろいかも。
[PR]
by citemaho | 2011-09-14 13:40 | てしごと

編み物

d0098526_1126378.jpg


コートの下に着るピッタリしたカーディガンがほしくて、
紡いだ糸で編みました。
肩幅が狭くて袖幅を広めに、ちょっとレトロっぽいセーター。
春からぼちぼち編み出したのに片方の袖で糸が足りなくなり、そこで放置。
やっと涼しくなってきたので、糸を紡いで仕上げました。
もう少し糸を固めに紡いだほうがよかったかも。
編んだり織ったりしてから気がつくことがたくさんあります。
[PR]
by citemaho | 2011-08-29 11:25 | てしごと

ホビーショーのもの

d0098526_15404855.jpg


一年中着回せるチュールスカート。
3色ご用意しました。ブラック、グレー、ブラウン。



d0098526_15423739.jpg


まかいの牧場・ウール倶楽部の先生が紡いで編まれた草木染めのフェアアイルニットを
被せ布に仕立てて手編みのカゴにのせました。
全部の手作業を考えたらすごい量になります(汗)




「ウール倶楽部の作品について」

手紡ぎ・手編み・草木染めのが手に入る機会はなかなかないと思います。
ほかにもニット帽や手袋、アームウォーマーが並びます。
そしてたくさんのピンクッションも。
この機会に本物のフェアアイルをお手に取っていただき、何かを感じていただければ幸いです。




***************  ********************* ******************** 



日本ホビーショー ニットexpo 架空のアトリエ・ショップ 【 aiguille et fil 】 (針と糸)では、
手仕事をふんだんに感じられるようなディスプレイを考えております。
まかいの牧場様のご協力により、手紡ぎの糸や原毛も実際にご覧いただけます。
そしてお時間がありましたら素材を触ってニュアンスを確かめてみてくださいね。
手仕事がお好きな方でしたら、きっとやさしい気持ちになることでしょう。
[PR]
by citemaho | 2011-04-14 15:46 | てしごと

まかいの牧場・ウール倶楽部展示会

d0098526_7515725.jpg


オーロラ姫の指を刺した糸車の針はありませんが、
今年は美しくペイントされた糸車が登場しました。

つたない写真で申し訳ないのですが、
展示された作品はウール倶楽部のメンバーとヴォーグ学園の生徒さんなどが作った力作。
気の遠くなりそうな作業・工程を思うと感動もひとしお。

d0098526_1949317.jpg

ハンドカード後編まれたというシンプルなベスト。
やっぱり素編みが一番!手紡ぎならではの風合い。好きだなー、こういうの。


d0098526_7522420.jpg

今年のテーマはモノトーン。ナチュラルな色合いもシックな雰囲気に。

d0098526_7524499.jpg

こんな素敵な靴下、見たことない!あたたかそうです。

d0098526_7525798.jpg

手紡ぎですか?素晴らしいテクニックも。


d0098526_7531322.jpg

シェットランドレース。モチーフはすずらん。

続く。
[PR]
by citemaho | 2010-12-16 18:00 | てしごと

手紡ぎ ウール倶楽部

d0098526_2118137.jpg




まだまだ出るよーもったいないと、友達からもらったデガラシのインド茜。
細かく砕いて、これまたオマケでもらった少しのコチニールを混ぜて、
まかいの牧場の羊・サフォークの毛を染めてみました。
不思議なニュアンスのある素敵な色に。
オレンジが強く撮れてしまいましたが、かき氷のイチゴシロップの色がもう少し混ざった感じの色です。
私が編める限界の細さに紡いで、6号針でシンプルなマフラーを編んでみました。
ものにもよると思うけど、編みより織りの方が早いわ・・・。




まかいの牧場・ウール倶楽部は今年も展示会を行います。
私に大作はできませんが、会員の方々の草木染め・手紡ぎ・手編みのフェアアイルニットがたくさん並びます!
本物はやっぱりいいですよ。

日程  平成22年12月10(金)~12日(日)
9:00~17:00(最終日は15:00まで)
場所  富士宮市民文化会館 2F第二展示室


お近くの方はぜひ!
[PR]
by citemaho | 2010-12-02 21:35 | てしごと

おとも*

d0098526_16441271.jpg


待ち時間のおとも。
定番色を組み合わせてみました。サテンステッチで刺しています。(途中)
生地は古いドイツのマングルクロス。
艶と雰囲気があって素敵な生地です。
[PR]
by citemaho | 2010-10-28 16:46 | てしごと

ものづくりのこと


by CITE
画像一覧